KSJ-026セルセッター

KSJ-026セルセッター

測定対象の太陽電池セルの正確なアライメントと安定したプロービングを保証、測定データの高再現性を実現します

概要

太陽電池セル検査システム

KOPELが提供するKSJ-026セルセッターは、±0.05 ㎜の高精度セルアライメント機構を採用、測定対象セルに対するプロービングの安定性と測定データの高再現性を実現しています。ダイヤルゲージにより、プローブピンの接触圧を精密に設定・管理することができます。本製品は、セル吸着機能とセル温度管理機能を装備しているので、測定条件の再現やFF値の安定化が容易に可能です。

KSJ-026は、KOPELのKSX-1000高性能太陽電池セル検査システム及び KSX-3000H高効率太陽電池専用セルテストシステムに搭載されています。

特長

  • ダイヤルゲージの採用により、プローブピンの接触圧を精密に設定・管理できるため測定条件の再現が容易
  • ±0.05 mmの高精度アライメント機構により、プロービング平行度の安定性、測定データの再現性が安定
  • プローブバーは疑似太陽光による影の影響を最小にする薄くて強固なバー構造*1) 
  • プローブバーは低抵抗で、4端子法
  • プローブピンは、100万回の接触耐久性を保証
  • 10~80℃ 循環水に対応するセル試料プレートにより、 セル温度特性評価にも対応可能*2)  
  • セルの脱着が容易な、上部開放構造
  • セルへのプロービングはワンアクション操作で完了
  • セル吸着機能を標準装備*3)   
  • セル温度測定用熱電対を標準装備
  • セル試料プレート温度測定用Pt100測温体を標準装備
  • 表面/裏面プローブは、2、3、4本のバーに対応
  • 対象セルサイズ □50 mm ~ 4 、5,6 inchサイズに対応可能
  • 試料プレート面の高さ:170 ㎜(約30 ㎜の調整が可能)

*1)標準仕様品は t = 1.5 mm 幅のプローブバーを搭載、 t = 0.5 mm 幅のプローブバーはオプションで提供可能です

*2)循環水装置はオプションになります。

*3)真空ポンプはオプションになります。

各種太陽電池セルに対応可能な柔軟な機器構成

KOPEL KSJ-026セルセッターは、対象セルの電極の位置、接触方法により、搭載するKOPEL KSMシリーズプローブバーの組み合わせによって、4種類の構成で提供されます。貴社の測定対象セルの種類に合わせて、適切なプローバを選択してセルセッターを構成します。従来型のシリコン系セルから、HIT®等の高効率セルや薄膜系及び、バックコンタクト型太陽電池セルにも対応できます。この4種類の構成は、以下の通りです:

機器構成BS (Both Sides) 表面・裏面プローブバー搭載

測定対象太陽電池:従来型シリコン系セル、 HIT®セル、薄膜系セル

機器構成BS (Both Sides)

 

機器構成SP (Surface/Plate) 表面プローブバー、裏面電極プレート

測定対象太陽電池:従来型シリコン系セル、HIT®セル、薄膜系セル、バスバーレスセル

機器構成SP (Surface/Plate)

 

機器構成EPD (Electrical Potential Distribution)
電位分布用表面プローブバー、裏面プローブプレート搭載

測定対象太陽電池:従来型シリコン系セル、HIT®セル、薄膜系セル

機器構成EPD

 

機器構成BC (Back Contact) +電極プローブバー、−極プローブバー搭載

測定対象太陽電池:バックコンタクト型セル(IBC, EWT, MWT)

機器構成BC

特注構成

KOPEL KSJ-026セルセッターは、前面引き出しタイプ、上面開閉タイプ、側面スライドタイプ等、お客様の御要求に応じて対応可能です。また、量産ラインにも対応できます。

電位分布測定装置(オプション)

KOPELでは、独立行政法人産業技術総合研究所(AIST)と電位分布測定装置を共同開発しました。本器は、通常の電位差計と異なり、セル表面の複数箇所の電位を測定できるので、セル内の電位のムラを把握することができる画期的な装置です。この測定結果で I-V特性の測定結果を補完することによって、セル評価の精度を大幅に向上させることが期待できます。また、本器をPCに接続して、自動測定も可能です。

電位測定器(オプション)

注:上記の特注構成やオプションに関する詳細は、お問い合わせフォームでお問い合わせ下さい。

カタログダウンロード

PDF

カタログ及びその他資料のダウンロードはこちら